男磨きは風俗でするもの!

余裕もまた、楽しさに加算される

精神的な余裕がある時の方が、風俗は楽しいかなと思っています。ストレス解消とか、あるいはちょっとしたリフレッシュで風俗を楽しむのもありだと思いますけど、精神的に余裕のある時であれば、それだけ自分にも余裕があるので、相手の女の子のことを考えられるじゃないですか。つまり、コミュニケーションに支障が出ないってことです(笑)余裕のない時だと、自分の神経がピリピリしてしまうこともあるじゃないですか。それははっきり言って勿体ないと思うんですよ。そうじゃなくて、余裕のある時に楽しむ。それが何よりも重要だと思うし、余裕がある時に楽しむことによって、新しい発見もあると思うんです。それが自分の今後の風俗生活に大きな刺激をもたらしてくれるかもしれないじゃないですか。だから精神的な余裕は、風俗を楽しむためには結構重要なことなんじゃないかなって思っていますし、自分でもそのタイミングを心掛けるようにしているんですよね。

真骨頂だったエンターテイナー

風俗ってエンターテイメントな部分があるのも一つの事実ではあると思うんです。特に風俗嬢側は男を楽しませなければならないんです。笑わせるって意味ではないですけど、満足させるという点では風俗の世界もまた、エンターテイメントであるのは間違いないんです。つまりは風俗嬢はエンターテイナーということになりますけど、二か月ほど前に遊んだSさんに関しては間違いなくエンターテイナー。むしろ彼女をエンターテイナーと呼ばずして誰をエンターテイナーと呼ぶのかというレベルでしょうかね。それくらい彼女のサービス精神はずば抜けていました。それに、服を脱ぐ際にも自分で脱げるはずなのに、敢えてこちらに手伝わせたりとか、きわどいポーズでシャワー前に挑発してきたり。それらはきっとお店側から教わったことではなくて彼女本人の資質でもあるんじゃないかなって思うんですよね。だからその日は本当に満足しました。心からの満足と言ってよいでしょう。